サイズによって異なる

パソコンの部品が安価で作られるようになった事で、ハードウェア業界は恩恵を受けています。
部品の値段が下がるという事は、コンピュータ本体が低価格になるという事です。
それはコンピュータの普及を促し社会へ貢献したと言えます。
部品の値段は下がりましたが技術員の人件費は大きな変化がありません。
よってパソコンが壊れた時の修理費は、部品の下落分程度の値段しか落ちていないのです。
しかしコンピュータの部品は年々進化しているので、老朽化した部分を交換できるという意味では修理以上の効果があります。
修理に出した後で性能が上昇している事は珍しくありません。
ハードウェアの重要性が認知される効果もあるため、修理費用が安くなるのは利点ばかりです。

以前のコンピュータの修理は、部材交換で済ませる事がほとんどでした。
それが変化したのはハードディスクの容量が大きくなってからです。
保存できるデータが増えた事で、大切なデータが内蔵された状態で壊れる確率が上がりました。
顧客がそれを取り出したいという要望を出すようになり、作業内容も変化していったのです。
現在では壊れたパソコンからデータを取り出して、顧客に渡すサービスがあります。
成功率は100パーセントではありませんが、機器の保存状態が良ければ高確率で回収に成功します。
しかし利用者が常日頃からバックアップを取得していれば発生しない問題です。
それを踏まえてパソコンのデータを定期的に取得する事を、購入者に教育する流れが完成しつつあります。